読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソフバ魂

ソフトバレーに関することを色々と語っていきます

ソフトバレーのルールをおさらい

f:id:gluten-free:20160813094447j:plain

今回はソフトバレーの基本ルールについてです。

プレイヤー目線で改めて確認しようと思いますので、
ルールなんて既に知ってるよ?
って人も見てもらえたらな~って思います^^

■コートの大きさ
13.4m × 6.1mです。
バトミントンのダブルス用コートの大きさくらいです。

■ボールの大きさ
210g程度。円周78cm程度。

■ネットの高さ
2m
この高さが良い!
背の低いプレイヤーも活躍できます。
逆に背の高いプレイヤーはジャンプせずとも打てちゃいますね。

■チーム
4対4で対戦します。
基本はトリムだと思いが、男性2人、女性2人で1チームが構成されます。
なので結構恋愛に発展しやすいですよね。
チーム内での恋愛、よく聞きますし実際見ますね~

■勝敗
15点先取のラリーポイント制です。デュース含め最高17点先取となります。

以上が基本のキのルールです。
これからコート内での反則についてです。

タッチネット
審判が笛を吹いたら何がなんでもネットを触っちゃダメ。
よくあるのがユニフォームや髪の毛がネットに触れちゃうこと。髪は縛る、ユニフォームはズボンにインする!がベストです。

■ダブルコンタクト
1人のプレイヤーが2回以上ボールを触ってしまう行為ですね。
レシーブして自分でトスあげたりなんかしちゃ絶対ダメです。
サーブカット時や相手からスパイクを受ける際、これをファーストコンタクト(最初に触る)とも言いますが、
このファーストコンタクト時はダブルコンタクトが認められる例があります。
それはレシーブの手に当たったボールが顔にも当たるような場面や、右手から左手に当たるような場面です。
これらはファーストコンタクト時のみ、有効とされます。
なので、
このプレーで笛を吹かれた際は「ファーストコンタクトだから良いですよね?」って抗議できちゃいます。

■フォアヒット
チーム内で4回以上触って相手にボールを返すことです。
チーム内で触ってもよい回数は3回以内です。

■オーバーネット
これがソフトバレーの醍醐味ですね。
ネットの白帯部分の延長線上から手が少しでも前に出てボールを触ってしまうとオーバーネットです。
このルールが厳格であるからこそソフトバレーを楽しくフェアにプレーすることができます。
背の高いプレイヤーにブロックでかぶされると背の低いプレイヤーはひとたまりもないですからね。

以上、ざっとソフトバレーのルールを説明しました。
慣れている人も、これから始める人も改めて確認していただけると嬉しいです。
記載漏れなどあれば今後も更新していきます^ ^